ハーブティ一覧


ハーブの名前

風味

効用

楽しみ方

 

カモミール(カミツレ)
ジャーマン/ローマン


 

リンゴに似た甘い香り
白いマーガレットの花をとても小さくしたような感じ。

 

花を摘んで乾燥させておくと一年中良い香りが漂よっています。

 

 

お休み前のリラックス。
眠れぬ夜に。

 

 牛乳との相性がとてもよい。

 

ハイビスカスフラワー

 

 

酸味

朱色があざやか

 

ビタミン・クエン酸が豊富。

風邪気味の時に。

 

 

 お茶、お風呂

 

 ラベンダー

 

花は薄紫色で独得な香り

種類がたくさんあり使用用途で使いわけお茶、お料理、ポプリ、入浴等 とて もポピュラーなハーブです。

 

 

胃腸の働きをスムーズに。
神経が高ぶって眠れぬ夜にも最適。

 

ペパーミントとのブレンドで。

 

 リンデン
(ボダイジュの花と葉)

 

 

 

 

ほんのりと甘い風味なので、ベビー・ティーとも呼ばれています。

 

優れた鎮静作用があるのでお休み前に

血液を浄化し血行をよくする作用も。


 

ペパーミントとのブレンドティーシナモンを加えたミルク ティーレモンティーなどで。

 

ペパーミント
(西洋ハッカ)

 

独特の爽やかな香りとフレッシュな味が含まれています。


ガムにもチョコにもアイスにも様々な食品に使われているおなじみの風味。

 

 

気分をリラックス。


胃腸をすっきりさせてくれるので、食後のティーとしても。
ちなみにステーキ等、お肉のソースにも

 

色々なハーブとのブレンドが可能。紅茶に加える。

 

 レモングラス

 

 

レモンに似た清涼感いっぱいの風味。


一見雑草のような風情 (姑によくばり刈

られた思いがよみがえります))

 

シトラールという芳香物質を含みます。

 

貧血気味の方へ。

 

 

マローブルーとのブレンドテー

 

 

 ローズマリー

 

 

 

清々しく、スパイシーな風味。


形態は匍匐性のもの真っ直ぐに伸びるものや香りも色々あります。

 

消化を促す作用や利尿作用も。
 

なんとなくすっきりしない朝。

勉強に集中したいときなど。

 

お茶な単品使いがおすすめ

 

 ローズヒップ
 (ノイバラの実)

 

 

 

爽やかな酸味と香り。

 

強力な発汗、利尿作用があり、血液浄化にも有用性があるとのこと。。

 

ビタミンC,Dやカロチンが豊富。

 

レモンティー、ハイビスカスと のブレンドティー。

 

 シナモン

 

スパイシーな味と香り。

 

食欲増進作用に有用性があるといわれています。


また嘔吐、むかつきなどのときにも。

 

料理にお茶に欠かせない物の一つ

 

 

 紅茶にブレンド。

       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

HOME